♪TOP > 吃音の悩み解決 > 中学生・高校生は?

中学生・高校生 吃音の悩みを解決したい!


中学生・高校生の吃音は?

中学生や高校生の吃音はどのように悩みを解決していけばいいのか?

この時期は思春期でもありますよね。

なので本人にとって大変深刻な悩みと言えるでしょう。

具体的な対策としては・・・
友達を増やしていく

先生に相談する

吃音をカミングアウトする
このような方法が挙げられます。

では、それぞれ詳しく解説していきますね。


友達を増やしていく


中学生や高校生の場合、引っ込み思案になってしまうケースはよくあります。

教室ではいつも1人ぼっちなんて経験はありませんか?

友達が少ないと孤独な状態になりがちですよね。

喋る時など・・・

吃音のことばかり気になって積極的になれない・・・。

言葉の事でみんなに指摘されそうで怖い・・・。


このように思ってしまいますよね。

もちろん、こんな状態が続くのは精神的にも良くはありません。

そこで、対策として友達を増やしていく方法があります。

教室の中に1人や2人ぐらいは友達がいると思います。

気の合う友達は凄く大事です。

なので、家族同様に大切にしてください。

当然、その子にも友達がいるので、友達の輪を広げていきましょう。

吃音者の何がいけないのかというと孤立です。

ですので、孤立した状態を避けるためにも友達を増やしてください。

中には、友達を増やすと面倒と思う人もいるかもしれません。

しかし、仲間が増えることで心が安らぐメリットもあります。

なので、出来る範囲で構わないので友達を増やしていきましょう!


先生に相談する


吃音が重度の方もいるでしょう。

そんな場合は、先生に相談することをお勧めします。

例えば、授業中に先生に当てられることもあると思います。

そんな時は、緊張のあまり吃音が出て回答がボロボロになったりしますよね。

先生が吃音の事を理解していればいいですが、そうでない場合もあります。

すると、先生は「〇〇君はダメな奴」と思われるかもしれません。

ですが・・・

「〇〇君は吃音がある」

と分かればそれなりに対応してくれるでしょう。

また、先生に相談すれば、気にかけてくれるでしょうし、アドバイスなども貰えるかもしれません。

先生に相談するのは恥ずかしくて勇気がいると思いますが、孤立化を防ぐためにも速めに対策を取るようにしましょう。

生徒から相談されれば、先生は無視はできなくなりますからね。



吃音をカミングアウトする


中学生や高校生の場合、周りは吃音の事を全く理解していないことがあります。

「あいつなんでどって喋っているの・・・」

「あの喋るり方、おかしいよね」

「あいつわざと喋っている、それとも個性・・・」

こんな感じで吃音に対する知識がない人は多くいるものです。

そこで、対策としては・・・

吃音をカミングアウトする方法があるんですね。

これはすごく勇気のいることです。

ですが、カミングアウトすることで明らかに変わることがあります。

それは・・・
・友達になってくれる人

・吃音と知りながらバカにしてくる人
大きくこのように2つに分かれます。

カミングアウトすることで友達になってくれる人は実際にいます。

しかし、残念ながら中にはバカにしてくる人もいるんですね。

もちろん、そんな人は無視していいですし、相手する必要はありません。

友達になってくれた人を大事してください。

カミングアウトするのは勇気のいることですが、得られるメリットは大きいので試してみる価値はあります。