♪TOP > 吃音・対策 > 緊張を和らげる方法

緊張を和らげて吃音対策するには?


緊張を和らげる方法

吃音の原因としては、緊張が挙げられます。

誰だって大勢の前で喋ったり、スピーチをする時などは緊張しますよね。

ですが、どもりがある人は極度の緊張に陥ることがあるんです。

そうなると、慌ててしまい何を喋ればいいのか?

パニックになる人もいるでしょう。

そこで、ここでは・・・

緊張を和らげる方法

について注目してみました。

人前で喋る時など、緊張するなんて人はぜひ参考にしてみてください!


深呼吸する


緊張を和らげる方法として手軽なのが深呼吸です。

子供の時とか先生から・・・

「深呼吸してから落ち着いて喋りなさい・・・。」

こんなこと言われませんでしたか?

実は、深呼吸って自律神経の乱れを緩和する効果があるんですね!

ですので、緊張が和らぐというわけです。

大勢の前で喋る前やスピーチなどでは深い深呼吸を数回行ってください。

すると不思議と緊張が和らぐものですよ!


笑顔を作る


次に簡単に出来る方法としては、笑顔を作るのもいいです。

緊張すると顔の筋肉が硬直してしまいます。

ですので、笑顔を作って顔の筋肉をほぐしてください。

こちらも深呼吸と同じで笑顔を作る事で自律神経の乱れを緩和させます。

無理に笑う必要はありませんが、自然に笑顔を作る事で印象も変わります。


ツボを刺激する


次に緊張を和らげる方法としては、ツボ刺激もあります。

ツボと言っても色々ですが、ここでは代表的なものを紹介します。

それは・・・
・合谷(ごうこく)

・神門(しんもん)
この2つになります。

場所は、以下を参考にしてください。


【合谷(ごうこく)】

 



【神門(しんもん)】

 


これらツボはどちらも自分の手で刺激することができます。

緊張しそうな時には、これらツボを押すといいでしょう。


首を冷やす


緊張を和らげるには首を冷やすのも効果的と言われています。

首を冷やすことでも自律神経のバランスが整います。

簡単な対策としては、濡れたハンカチなどを首にあてるといいと思います。

他にもグッズ等も色々ありますので、探してみてください。


自律神経の基礎知識について!


このページでは、自律神経のバランスって書かれていますよね。

一体、この自律神経とはなんなのか?

ここでは簡単に説明しておきますね。

先ず、緊張を和らげるためには自律神経を整わせることが大事です。

この自律神経とは、交感神経と副交感神経があるんですね!

2つの違いですが・・・
・交感神経  活発な時

・副交感神経 リラックスしている時
このように覚えておくといいでしょう。

そして、緊張している人は、交感神経が優位になっているというわけです。

ですので、副交感神経を働かせてバランスを整わせる必要があります。

そこで、このページでは・・・

深呼吸・笑顔・ツボ・首を冷やす

これらを紹介しました。

いずれも、副交感神経が働き、自律神経のバランスを整わせる方法になります。

緊張で吃音が出そうな時には、これら方法で対策するといいと思います。