♪TOP > 吃音・対策 > 自己暗示・イメージトレーニング

吃音改善の自己暗示・イメージトレーニング


自己暗示・イメージトレーニング

吃音の対策としては、自己暗示でイメトレする方法があります。

どもりがある人は、不安要素が強くネガティブに考えがちです。

不安や緊張している状態では吃音も酷くなる一方です。

なので、イメージトレーニングを行い、ポジティブになることが大事です。

自己暗示で不安要素を取り除くことができれば吃音も改善されていきます。

そこで、ここでは・・・

自己暗示のやり方

について解説していきたいと思います。

簡単にできる方法なので、吃音で悩まれている人はぜひ参考にしてみてください。


自己暗示ってどうやる?


自己暗示のやり方ですが、特に難しいことをやるのではありません。

自分の叶えたいことを唱えるようにします。

例えば、話しをする時に緊張して吃音が出るとしましょう。

そんな場合は・・・

「人前で話しをするのは楽しい」

このように自己暗示をかけます。

そうすれば、緊張も解けて気分も楽になっていくということです。

つまり、マイナスな要因をプラスに考えることが大事なんですね!

でも、やってはいけない事もあります。

それは、吃音やどもりを意識する自己暗示はかけてはいけないと言う事です。

具体的には・・・

「吃音が出ないように喋る」

「絶対にどもらないで喋る」

このように自己暗示をかけるとかえって吃音を意識してどもってしまいます。


イメージトレーニングのやり方やコツ!


イメージトレーニングで自己暗示をかけるにはコツってあるのでしょうか?

できれば効率よく自己暗示をかけたいですよね。

やり方としては・・・
・叶えたいことを紙に書く

・紙に書いてあることを唱える ※1分間繰り返す
たったこれだけです。

朝、昼、夜と1日3回ほど行いましょう。

なるべく声に出して唱えるようにしてください。

お昼など声を出せない場合は、心の中で唱えましょう。

吃音をなくしたい人は・・・

「人前で話しをするのは楽しい」

これを毎日繰り返すと緊張や不安はなくなり吃音も改善されます。


吃音以外にも使える!


自己暗示・イメージトレーニングは吃音の他にも色々と使えます。

例えば、スポーツや勉強や仕事、また、趣味や恋愛なども使えますね。

ポイントとしては・・・

問題にぶつかった時にどう対処すればいいのか?

そのためには何ができるのか?

どこを改善すればいいのか?


ここを考える必要があります。

逆にここが明確でなければ、自己暗示をかけてもうまくいきません。

イメージトレーニングや自己暗示は吃音だけでなく他にも使えます。

自分の足りないところやなりたい自分があるならどんどん使ってみてくださいね。