吃音の原因は何があるのか?


吃音の原因とは?

吃音があると喋るのに抵抗がありますよね。

緊張して症状が酷くなると自分の言いたいことも言えませんからね。

「本当は自分の意見も言いたいのに・・・」

と思ってしまうでしょう。

なので、吃音は本人にとって本当に深刻な悩みなんですね。

そもそも、なんでどもるようになったのか?

吃音の原因としては、不安緊張があると言われています。

ですが、それだけではありません。

その他にも原因はあるんですね。

そこで、こちらでは・・・

主な吃音の原因!

について詳しく解説しています。

この症状があると会話する時など、とてもつらいものです。

どもりを改善させる方法もいくつかあるのでぜひ参考にしてみてください。

吃音を改善させたい人はコチラ!


主な吃音の原因について!


吃音の原因としては、不安や緊張はもちろんあります。

当然、自分がどもる事は分かっていますからね。

喋る時、慎重になればなるほど緊張してどもってしまう・・・。

すると不安も増しますし、悪循環になってしまうわけですね。

ただ、原因はそれだけはありません。

いくつか原因、また、要因もあります。


トラウマ


吃音・どもりの原因としては、トラウマがあります。

以前、喋っている時にどもりが出て笑われたことがある。

これがトラウマとなることがあるんですね。

特に大勢の前で喋る時とかは、トラウマがよみがえる事もあるでしょう。

このような経験をすると喋る時に緊張するでしょうし、不安もあります。

一度、トラウマにハマるとなかなか抜け出せないものです。

では、吃音の原因がトラウマになっている場合はどうすればいいのか?

これは、心理的な要因を取り除いていかなくてはいけません。


育った環境も関係がある


大人だけではなく子供も吃音を引き起こす場合があります。

では、子供の場合は何が原因なのか?

これは、育った環境が大きく影響すると考えられます。

例えば・・・
・ペースが乱される環境で育てられた場合

・夫婦の仲が悪い場合

・親が離婚している場合

・幼児期に不幸な出来事があった場合
家庭の事情により、不安要素が大きくなると吃音になることがあります。

ただ、子供の吃音は自然と治ることが多いと言われています。

ですので、慌てないでそっとしておいてください。

子供の方からどもりが気になると言われたら対処するようにしましょう。


ストレスが関係している?


次に挙げられるのはストレスです。

実は、吃音とストレスは大きく関係しています。

ストレスがない人間はいませんが、過度に溜まるとどもりが出る事があります。

例えば・・・
・仕事が忙しい人
・責任感は強い人
・睡眠時間が短い人
・自分の時間が取れない人
・笑いが少ない人
このような方は、ストレスも溜まりやすいので注意が必要です。

最初は軽い吃音だったのが重症化する場合もあるので気をつけてください。

もちろん、この場合、ストレス対策しなければいけません。

仕事が忙しく残業が多い人もいるでしょう。

そんな人は、身体も疲れているので、出来る限り睡眠時間を確保しましょう。

ストレス対策としては、趣味などを作り楽しむのもいいと思います。

・・・・

吃音の原因としては、主にこのような事が挙げられます。

ただ、注意したい場合もあります。

それは、喋る時、吃音の症状の他に・・・

いきなり、ろれつが回らなくなった時です。

この場合、脳梗塞など脳の病気を患ってことがあります。

ですので、その場合は今すぐにでも病院で診てもらってください。


吃音は治そうと思ってはいけない?


吃音の原因と改善

吃音は治そうと思えば思うほど症状が悪化するってご存知でしたか?

あなたも、どもりを改善させるために色んなことを試していると思います。

しかし、努力すればするほど症状が悪化するというのです。

その理由って知りたくないですか?

そこで、次のページでは・・・
・本当の吃音の原因

・全く新しい吃音改善方法
について詳しく解説しています。

吃音の悩みがある方は参考にしてください。

吃音の悩みを解決したい人はコチラ!